金を買取に出すタイミング

金というものは、昔から人気の高い財産です。
ただし、最近は投資として利益を狙うためだけの金投資も多くなりました。
たとえば成果が金の価格に連動するようにつくられた投資信託の一種である金ETF、レバレッジ効果によって少額で大きな取引が可能な金の先物取引、金価格に連動する債権に投資するタイプの投資信託など、様々あります。
それらは決して実物の金を購入するわけではありません。
ですから、投資家の手元に金の実物はありません。

それに対して実物の金を手元に置いておく投資も、もちろんあります。
有名なところでは金地金(金の延べ棒)やメープルリーフなどの金貨を購入したり、または純金積み立てで地金を購入する方法などもあります。
こうした投資方法であれば自分の手元に金があるので、いかにも素晴らしい宝物を所有しているという実感が得られることでしょう。
ただし、金の実物所有にはリスクも伴います。
もしも自宅に金の延べ棒でも置いておこうものなら、盗難が心配で夜も眠れないことがあるかもしれません。
まあ、それも金の所有者の宿命だということなのでしょう。

ところで金は実物資産と呼ばれるとおり、金そのものに価値があります。
紙の資産と呼ばれる株式や債券とは、根本的に違います。
株式や債券は、発行体の信用や業績によって価値が生まれるものです。
それが無ければただの紙切れに過ぎません。
実際、不景気で経営不振に陥って倒産した会社の株式などは、文字通りの紙くずとなってしまうのです。

その点、金は違います。
たとえ世の中がどんなに不景気になったとしても、金の価値は景気に左右されません。
それだけではなく、国際情勢や世情にも影響されない安定感抜群の価値があるのです。
戦争や自然災害の時などにも、金の価値は変わらず存在するのです。

しかしその一方で、金は守りの資産の代表格でもあります。
ですから、決して短期間に売買を繰り返して高い利益を望むような金融商品ではありません。
金は手元に長く保有して、大切な資産を長期に保管するのに向いています。
その金の特質というものを考えてみると、金を買取に出すタイミングには熟考が必要です。
安易に買取に出せば、すぐに後悔することになるかもしれません。
ですから、分散投資という観点から、財産のどの程度を金で保有するのかは事前にしっかりと計画を立てておかなければなりません。
一般的に金への投資というものは、ポートフォリオの一割か二割程度が目安でなると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です