金の買取で壊れていても良い理由

金等の貴金属の買取で、「壊れた物でも、汚れた物でも買取ります」と言った謳い文句を聞く事があります。
「何故、壊れた物や汚れた物でも、買取ってくれるのだろう?」と、不思議に思った事はないでしょうか。
「ひょっとしたら、壊れている事や汚れている事を理由に、徹底的に安く買いたたかれるに違いない」と、眉につばを付けて警戒をされる方も、いらっしゃるかもしれません。

実はこれは、どちらも誤った考え方をしておられます。
金やプラチナ等の貴金属製品の買取の場合、買取ったネックレスや指輪等が、そのまま中古市場に出回る訳ではありません。
洗浄や不純物を取り除く工程を経て、地金、いわゆるインゴットの形に溶かし直して市場に出回ります。
従って重要な事は、「どの様な品質や純度の金」が使用されているかどうかです。
形状や汚れなどは関係が無く、当日のレート×重量から手数料や目減り分をマイナスした物が、買取金額になります。
買取業者にとっては、この手数料が利益となります。
また目減り分とは、インゴットの形に溶かし直す工程で、不純物を取り除く時に発生する重量の減少の事です。

近年は、街の中でも、金等の貴金属の買取業者の店舗を数多く見かける様になりました。
長引く不況や、ムダを嫌う庶民の意識、金などの貴金属の価格の上昇など、様々な理由が存在すると思います。
同業他社が多数存在をしている買取業界の中では、他店との差別化として、ユニークなサービスを行う店舗も増えてきました。
ハンバーガーチェーンの様に、自動車によるドライブスルーで買取を可能にするサービスは、すでに定番となった感があります。
無料で担当者が自宅まで来てくれる出張査定や、宅配便で買取アイテムを送る事で査定を行うサービスを利用すると、店舗に行く必要すらありません。
また、インターネットの普及と技術を利用した、独自サービスを展開する買取業者もある様です。
例えば、デジタルカメラやスマートフォンのカメラで、買取って貰いたいアイテムの写真を撮り、電子メールで送付するだけで、大まかな査定を行ってくれると言うものです。
このサービスなどは利用者の利便性の面では、確かにありがたいサービスです。

利用者にしてみれば、業者に買取ってもらうかどうかの判断に、正確な査定は必要では無く、「だいたい、いくらくらい」と言った情報があれば良いわけです。
その意味では、このサービスを導入した買取業者は、顧客のニーズと言うものを良く把握していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です